牡蠣 食中毒 うつる

牡蠣による食中毒がうつる可能性とは

スポンサーリンク
牡蠣は貝類の中でも人気の高い食材で、生のままやフライにしたり、鍋料理の具材等にして食べます。
クリーミーで濃厚な味にファンも多いのですが、牡蠣を食べる際には一つ注意しなければいけない事があります。
それは食中毒が発生する可能性があるという事で、特にノロウイルスに感染する確率が高いと言われています。
 ノロウイルスとは二枚貝の中等に存在しているウイルスで、こういった貝等を食べる事で人間も感染します。
ノロウイルスは食中毒の原因となるウイルスとして有名で、毎年のように何人もの感染者を出しています。
 発症した場合に現われる症状としては突然発生する嘔吐や下痢、吐き気等が代表的です。
それ以外にも発熱や呼吸器症状、ひどくなると脱水症状を起こす事もあります。
スポンサーリンク
 ノロウイルスに感染・発症した場合の治療方法については、吐き気を抑える薬等が処方される事が多いです。
他にも脱水状態になるのを防止するために、経口や点滴による水分や栄養の補給も行ないます。
 しかし基本的に下痢を止める薬を処方する事はないのですが、これは完治する上で下痢が必要不可欠な現象だからです。
何故なら下痢は体内にいるウイルスを体外に排出するために起きる現象だからで、これを止めてしまうと治るのが遅くなる可能性があるのです。
 ちなみにこの食中毒は感染者の便や嘔吐物等を介して、人から人へうつる場合があるので注意が必要です。
感染者の体に直接触れない、感染者の嘔吐物等にも直接触れない等を徹底する事がうつるのを防止する上で重要になります。
もしも触れてしまった場合には、手洗いやうがいを念入りに行う事で感染を防ぐ事が大切です。
スポンサーリンク

当サイトの記事はいかがだったでしょうか?

当記事はいかがだったでしょうか?
お役に立ちましたか?
もしよろしければソーシャルメディアボタンで共有していただければ非常にうれしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加