食中毒 病院 何科 原因 予防

食中毒は病院の何科を受診すべき?また原因と予防法とは

スポンサーリンク
突然くる吐き気や頻繁な下痢に驚く事があるかもしれません。
冬場は空気も乾燥してウイルスが活動しやすい環境もあり、集団生活をしているお子様などでは幼稚園や学校でも、ノロウイルスやロタウイルスなどが流行っている事もあります。
これらは、病院を受診して簡易検査で診断がつきますので、脱水状態になってしまう前に早めに対処しておきたいもののようです。
ただ、食中毒を起こすのはウイルスだけではありません。
細菌も原因となります。
細菌による食中毒の方がウイルスによるものより強く症状が出る事も少なくないようです。
細菌による食中毒の原因菌は、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、代表的なものではサルモネラ、腸炎ビブリオや病原性大腸菌などがあります。
スポンサーリンク
これらの細菌に感染した食品を口にする事で、体内で細菌が増殖して症状がでます。
特にお子様や高齢者や抵抗力の弱い方は注意が必要です。
病院を受診するなら、何科が良いか分からない方は、お子様でしたら小児科が良さそうです。
場合によっては、他の病気も重なっているかもしれないからです。
大人は、何科か迷ったら内科や胃腸科の受診が良さそうです。
食中毒を防ぐ対策法としては、普段から手洗いや生活環境の消毒は大事になります。
また、細菌性のものは肉類や魚介類、卵やそれらの加工品などの生鮮食品が起こしやすいので、加熱する時に中までしっかり火を通す事や火を通した鍋などをそのまま放置しないように注意すると良さそうです。
外食していないから大丈夫だと安心しないで、家庭でも多く起こっている食中毒ですので、普段から気をつけたいものです。
スポンサーリンク

当サイトの記事はいかがだったでしょうか?

当記事はいかがだったでしょうか?
お役に立ちましたか?
もしよろしければソーシャルメディアボタンで共有していただければ非常にうれしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加