食中毒 病院 処方 薬

食中毒になった場合の病院で処方される薬とは

スポンサーリンク
食中毒には、細菌によるもの・ウイルスによるもの・動物性自然毒・植物性自然毒・化学物質によるもの・寄生虫によるものなどの様々な種類があります。
多くの場合だと、細菌やウイルスによるものだと言われており、細菌やウイルスによって胃腸の機能が低下するために下痢・嘔吐・腹痛・発熱などの症状を引き起こします。
しかし、病原性大腸菌やボツリヌス菌によるものであると、増殖をする際に毒素も一緒に産生するため、めまいや呼吸障害や血便などの重症化を起こす事があるため、病院での早期治療が大切です。
食中毒の予防法としては、動物性食品や生で食べると危ない食品はしっかり加熱をする事や、食品の下準備を怠らない事や、衛生管理を徹底する事が挙げられます。
スポンサーリンク
食中毒を起こしてしまった場合には、病院で処方された薬以外は飲まないようにしましょう。
症状が辛いからと言って、自己判断で市販の下痢止めや鎮痛剤を飲んでしまうと、症状は改善されずに更に悪化させてしまう原因となってしまいます。
しかし、整腸剤などの胃腸の調子を整える薬は服用しても大丈夫だと言われています。
症状がどうしても辛いといった場合や病院が開いてないといった場合には、整腸剤を使って応急処置をするようにしましょう。
病院での治療に使われるという薬は、その食中毒の原因となるものや症状によって様々なものや治療法が行われるのですが、主に抗生剤や解毒剤の注射をします。
そして、解熱剤や消炎剤などの飲み薬が処方されます。
スポンサーリンク

当サイトの記事はいかがだったでしょうか?

当記事はいかがだったでしょうか?
お役に立ちましたか?
もしよろしければソーシャルメディアボタンで共有していただければ非常にうれしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加