食中毒 保健所 通報 経緯

食中毒で保健所に通報されるまでの経緯について

スポンサーリンク
食中毒とは、有毒な微生物や化学物質を含む飲食物を食べた結果として起こる中毒です。
嘔吐、腹痛、下痢などを起こします。
原因となる飲食物は腐敗とは異なるため、食べても異常に気がつかないのが特徴です。
近年の加工食品の普及で、同じ食品を多くの人が食べる機会が増えました。
これに伴い、大規模に起こる事が増えました。
同じ食事を食べた人が同時に嘔吐や下痢になった場合は、その時の食事が原因と考えられます。
しかし、食中毒の原因を正確に見極める事は難しいです。
原因が特定できない場合もあります。
嘔吐や下痢が現れた場合、直前の食事を疑うことが多いです。
しかし、細菌やウイルスによって症状が現れるまでの期間に幅があります。
いくつか例をあげると、ノロウイルスは1〜3日、カンピロバクターは2〜5日、ウェルシュ菌は8〜16時間、サルモネラは6時間〜2日かかります。
スポンサーリンク
食中毒になった場合は、感染の拡大を防ぐことが大切です。
体液が飛び散った場合は、全て拭き取り手を洗います。
その後症状が回復したら、細菌が付着した可能性がある場所を漂白剤で掃除します。
激しい痛みや高熱、脱水症状がある場合や嘔吐物や排泄物に血が混じる場合には、医師の診察を受ける必要があります。
また、妊婦や幼児、高齢者は合併症を起こしやすいので特に注意が必要です。
食中毒の疑いで診察を受けた場合、病院は地元の保健所へ通報します。
通報を受けた保健所は、特定の飲食店や施設を発生源として集団感染が起きていないか確認します。
飲食店ではなく、市販品を食べて食中毒になる場合もあります。
その場合は、厚生労働省の食品回収情報を確認します。
食べた市販品がリストにない場合は、通報を検討する必要があります。
スポンサーリンク

当サイトの記事はいかがだったでしょうか?

当記事はいかがだったでしょうか?
お役に立ちましたか?
もしよろしければソーシャルメディアボタンで共有していただければ非常にうれしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加