食中毒 食事 対処 方法

食中毒になった場合の食事の対処方法とは

スポンサーリンク
食中毒とはウイルスや細菌が付着した食品や害や毒のある物質が含まれた食品を食べることによって起こる健康障害のことをいいます。
頭痛や発熱以外に嘔吐、下痢などの症状があらわれることが多いです。
これを防ぐためには購入する時に生鮮食品は新鮮なものを選び、寄り道などをせず帰り出来るだけ早く冷蔵庫に入れることが大切です。
食事を作る時は肉や魚などを触ったら手を洗い、まな板を使ったらすぐに洗剤で洗って熱湯をかけるのが良いです。
そして食中毒のウイルスを殺菌するためには、食べ物の中心の温度が75度以上で1分以上加熱することが大切です。
しかし気をつけていても外食などで食中毒にかかってしまうこともあります。
そんなときの対処方法をご紹介します。
スポンサーリンク
食中毒で危険なことは下痢や嘔吐による脱水症状を起こすことや吐いたものを喉に詰まらせてしまうことです。
なのでお茶やスポーツドリンクなどの水分をこまめに補給し、吐いたものが喉に詰まらないよう横向きに寝ることが大切です。
そして食事ですが、とにかくやわらかいものを食べ、胃に負担を与えないようにしましょう。
下痢を起こすとナトリウムやカリウムといった成分も水分とともに失われてしまいます。
なのでそれらが含まれている味噌汁や果実などで水分を補給するのも良いです。
果実はバナナやりんごがおすすめです。
食物繊維が多く含まれる食べ物は控え、お菓子も控えましょう。
普段から気をつけることも大事ですし、かかってしまったときも冷静に対処し、つらい食中毒を乗りこえましょう。
スポンサーリンク

当サイトの記事はいかがだったでしょうか?

当記事はいかがだったでしょうか?
お役に立ちましたか?
もしよろしければソーシャルメディアボタンで共有していただければ非常にうれしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加