保健所 食中毒 届出 方法

保健所への食中毒の届出の方法とは

スポンサーリンク

食品衛生法第58条により、日本では食中毒が発生した時、その患者を診断したり疑いを確認した医師は24時間以内に直ちに最寄りの保健所長へ届出なければならない制度になっています。
つまり店側の隠ぺい行為は難しい制度となっています。
医師からの届出を受けた保健所長は、原因食および病因物質を特定するための疫学調査や、患者の糞便、原因と考えられる食品等の細菌学的、理化学的な調査を行うことになります。
また、届出を受けた保健所長は、都道府県知事に食中毒事件ごとに作成した食中毒事件票を添付した月別報告書を翌月末日までに提出し、都道府県知事は、食中毒事件調査報告書を、翌月20日までに厚生労働大臣に報告しなければならないこととなっています。
厚生労働省では調査を適切に行えるよう、処理要領を都道府県などに通知しています。
このように食中毒が起きた場合の届け出は医者などを通じて迅速に行われるようになっています。

スポンサーリンク

食品衛生法は、第6条、第10条、第16条等で一般的な禁止規定を、第11条、第18条で規格基準を定めております。
これらの規定が遵守されているか否かを、第25条と第26条による検査と、第28条と第30条による確認をする制度になっています。
食品衛生法第28条に基づいて、厚生労働大臣、都道府県知事、保健所設置市の市長、又は特別区の区長は、食品衛生監視員に、食品営業施設、倉庫、事務所などに立ち入って、食品の安全性が遵守されているかどうかを聴き取ったり、確認させることができる規定になっています。
これを臨検といいます。
現場ではできない試験のためには、食品等を無償で採取し、保健所や衛生研究所の試験施設に検体を持ち帰らすことができます。
これを収去といいます。
食中毒調査は、28条に基づく臨検、食品の収去等であります。
つまり食中毒の届け出は大体医師が最寄りの保健所に届け出て発覚します。
そしてそれがその店で起こった食中毒なのか、衛生管理は適切に行われていたのかを調査します。

スポンサーリンク

当サイトの記事はいかがだったでしょうか?

当記事はいかがだったでしょうか?
お役に立ちましたか?
もしよろしければソーシャルメディアボタンで共有していただければ非常にうれしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加