鳥肉 レバー 食中毒 カンピロバクター

加熱不十分な鳥肉やレバーで感染する食中毒カンピロバクターとは

スポンサーリンク
食中毒の中で発生しやすいものとしてカンピロバクター症候群があります。
主な原因食材として挙げられるものは、あまり加熱処理を行っていない鳥肉や生レバーなどが挙げられます。
また井戸水や湧き水などの消毒不十分な飲料水等で、食べ物を洗った際にもカンピロバクターは感染します。
カンピロバクター食中毒になると、このような症状が現れます。
潜伏期間は1日から7日の間と他の食中毒よりも長いのが特徴です。
発病後は下痢や腹痛や発熱等を引き起こします。
また頭痛や倦怠感や筋肉痛も引き起こす場合もあります。
風邪の初症状と似ており、判断が難しいため注意が必要となります。
まれに悪化をするとギラン・バレー症候群など重症になる場合があるので適切な処置を行うことが重要となります。
スポンサーリンク
このカンピロバクター食中毒かの検査は、抗菌薬を投与する前に、便の菌の検査を行うと判断することができます。
カンピロバクター食中毒を予防するには加熱不十分の鳥肉やレバーを食べないようにすることが重要となります。
カンピロバクターの細菌は熱と乾燥に弱いからです。
よって、鳥肉やレバー等を食べる際にはしっかりと加熱処理を行ってから食べると、細菌が死滅しており安全に食べることができます。
また使用した調理器具の後始末も感染を予防するのには重要となります。
調理器具はしっかりと洗浄と殺菌を行い、その後は乾燥させることがカンピロバクターの感染を防ぐことになります。
もし調理器具をしっかりと殺菌していなければ、他の食材を調理した際にカンピロバクターの細菌が付着し、感染してしまう恐れが出てきます。
スポンサーリンク

当サイトの記事はいかがだったでしょうか?

当記事はいかがだったでしょうか?
お役に立ちましたか?
もしよろしければソーシャルメディアボタンで共有していただければ非常にうれしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加