食中毒 症状 治療 食事

食中毒の症状と治療の際の食事について

スポンサーリンク
「食中毒」はその原因となる細菌やウィルスなどが飲食物などを通して体内に侵入することで起こります。
症状としては、腹痛や下痢、嘔吐や発熱などがあげられます。
細菌やウィルスは暖かい時期に活動が活発になりますので、毎年6月から9月の暖かい季節に食中毒がよく発生するようになります。
飲食店などにおいては自店で提供した飲食物を食べた人が食中毒になってしまいますと、営業停止などの厳しい処分を課されてしまいます。
また、家庭内においても注意が必要となります。
普段何気なく家庭内で食べているものでも症状があらわれることもあります。
症状が軽い場合などには、風邪などと混同してしまうこともありますので、注意が必要となります。
スポンサーリンク
食中毒になってしまった際の治療には食事に気を配ることで、回復を早めることができます。
食中毒になってしまった場合には水分をしっかりととることがとても大切なことになります。
下痢や嘔吐は体内にたまってしまった毒素を排出するのですが、水分を大量に失ってしまいますので、水分補給を心がけるようにします。
その際はあまり冷たいものは避けて、暖かいお茶などを飲むことが望ましいです。
また、治療の際の食事では殺菌作用のある食べ物を食べることもとても有効です。
梅干しや小豆、りんごといった殺菌作用のある食べ物です。
そして、食べるのを避けた方がよいものもあります。
冷たいものや揚げ物、辛味のあるものなどの刺激が強い食べ物です。
スポンサーリンク

当サイトの記事はいかがだったでしょうか?

当記事はいかがだったでしょうか?
お役に立ちましたか?
もしよろしければソーシャルメディアボタンで共有していただければ非常にうれしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加