食中毒 原因 検査 方法

食中毒の原因と検査方法について

スポンサーリンク
食中毒には様々な原因があり、発生時期や症状も異なります。
例えば、ノロウイルスのようなウイルス性の胃腸炎がありますが、ノロウイルスの流行は冬に集中します。
また、サルモネラやカンピロバクター、そして病原性大腸菌のような細菌性の胃腸炎の場合には、梅雨時の蒸し暑い時期に集中する傾向があります。
さらには、キノコの毒による神経症状等はキノコが採れる秋に集中します。
最近では、冬になると毎年のように流行するノロウイルスは、アルコール系の消毒薬が効かないために、感染を広げてしまうケースがありますから注意が必要です。
ノロウイルスには、漂白剤でもある次亜塩素酸ナトリウムが効果的と言われています。
また、暑い季節には細菌性の食中毒を予防するために十分に加熱して食べることも重要です。
スポンサーリンク
食中毒の検査方法については、その原因によって検査の方法が異なってきます。
例えば、ノロウイルスのようなウイルス性の食中毒の場合には、下痢便等を用いPCRを実施します。
PCRとは、ウイルスの遺伝子を増幅させて、ウイルスの持つ遺伝子の有無を確認する検査です。
細菌性の食中毒の場合には、下痢便から細菌を分離培養して原因細菌を見つけ出します。
この場合には、細菌の種類によって用いる培地や培養条件が異なりますから、複数の種類の培養検査を行う必要があります。
また、細菌の種類を同定するまでに、数日から1週間ほどかかる場合があります。
原因細菌が同定できれば、どのような抗生物質が効くのか、薬剤感受性試験を実施して調べることもできます。
スポンサーリンク

当サイトの記事はいかがだったでしょうか?

当記事はいかがだったでしょうか?
お役に立ちましたか?
もしよろしければソーシャルメディアボタンで共有していただければ非常にうれしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加