食中毒 症状 対策

食中毒の症状や対策

スポンサーリンク

食中毒とは食品衛生法第58条に定義されています。
この定義の食中毒が起きた場合は厚生労働大臣に報告しなければなりません。
食中毒には様々な原因と症状があります。
まずは食中毒にならないように食事に気を付けることが大事です。
どのように注意すべきかは当サイトの記事で解説していきますので、参考にしてください。

 

では食中毒の種類について解説していきます。
食中毒の種類とは・・と聞かれても明確に答えれる人は意外といません。
食品に菌が繁殖していて、それを食べるとその菌の影響で下痢や嘔吐の症状がでる・・・
といった定義をすることがほとんどのようですが、実はもっと詳しく定義することができます。

 

・細菌性食中毒
これは最近増えつつある食中毒です。
最近増えつつある原因として加工食品が増えたことがあります。
この細菌性食中毒はこういった穀物を加工した食品で発症する場合が多くあるためです。
有名なものではO−157やサルモネラ菌、ボツリヌス菌、コレラ菌などがあります。

 

・ウイルス性食中毒
これも近年有名になり増えつつある食中毒の一つで、有名なウイルスではノロウイルスがあります。
貝類で発症しやすいと言われています。
また、A型肝炎ウイルスもウイルス性食中毒の一つです。

スポンサーリンク

・毒
これは様々なものがあります。
つまりフグなどの毒を摂取してしまった場合や毒キノコなどを食べてしまったり、毒のある植物を食べてしまったりした場合におこります。
これは生命の危険にさらされることもある非常に注意すべき食中毒です。
特にキノコは食べられるキノコと毒キノコの見分けがつきにくい場合が多いですので、安易に山などで取ってきて食べることは危険です。

 

・化学物質
農薬や食品添加物などによっても食中毒は引き起こされます。
洗剤や芳香剤の誤飲でも起こります。
小さな子供がいる家庭では注意したいです。

 

・寄生虫
魚などに寄生している寄生虫を知らずに食べてしまうとその寄生虫によって食中毒をおこします。
よく起こる食中毒はアニサキスという魚に寄生する寄生虫によって食中毒が引き起こされる場合です。
また、馬肉などにもよく寄生虫がいる場合がありますので、特に生で食する場合は注意が必要です。

 

このように様々な食中毒の原因があり、集団感染することもあります。
また、季節によって流行しやすい食中毒というものがあります。
例えば有名なものでは夏では腸炎ビブリオなど冬ではノロウイルスです。

 

このような食中毒を起こさないように、正しい知識を覚えて対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

当サイトの記事はいかがだったでしょうか?

当記事はいかがだったでしょうか?
お役に立ちましたか?
もしよろしければソーシャルメディアボタンで共有していただければ非常にうれしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加